子供の英語教育の必要性を親が理解することの大切さ

子供の英語教育について、どんな親御さんも多かれ少なかれ悩まれていることと思います。小学校では2020年から英語が科目化されますから余計に不安になりますよね。

子供の将来を考えたときに英語が出来たほうが良いだろうと漠然と思っていても、実際に自分たち親の世代が英語を使って生きているわけじゃないし、そもそも日本で暮らすのに英語なんて必要ないだろう、それよりも母国語教育が大事だという意見は良く聞きます。

今の私が考える子供にとって必要な英語教育について、一緒に考えて頂けたらと思います。

子供に英語教育は必要か?メリットとデメリット

子供に英語教育を行うメリット

子供のうちから英語を学ばせることの最大のメリットは将来の英語学習を楽にするという点です。

どんな習い事も幼いころから続けていると、個人差は当然ありますが段々と上達して行きますよね。特に語学力習得というのは時間x労力なのでスタートが早いほど、後々の本格的な英語学習に有利になります。

また、早く英語に慣れることによって英語に対する抵抗力は小さくなります。

語学習得の初期はやはりつまらなく感じるもの。アルファベットから入って、覚える単語、フレーズ、文章は膨大だし、発音だって日本語と全く違うので、身に着けるはとても大変。

もし小学校低学年から英語を少しずつでも始めていれば、中学でのグッと難しくなる英語学習に着いて行けるようになっているはず。

子供に英語教育を行うデメリット

私たちの世代は、英語に自信がある人と英語がコンプレックスになっている人と両方いて、どちらのケースも子供には英語を学ばせたいと力んでしまうことがあるんですよね。
そのように子供にどうしても英語をやらせたくて親が英語、英語と極端に優先にすることは確かに問題になることがあります。

悪い例:

  • 母国語が日本語の親が英語で子供に話す
  • 日本語の本よりも英語の本を多く読み聞かせる
  • 子供に、英語が何よりも大事というようなメッセージを伝える

こういうことをしてしまうとどうなるかというと。。。

  • 日本語の語彙力が弱くなり、日本語で考える力が衰える
  • 英語が最も重要だと信じてしまって日本語は二の次などと思ってしまうなど将来弊害が起きる可能性がある

まぁ日本にいてそこまで英語に傾倒すること自体珍しいことだとは思いますが、デメリットと言ったらこのように極端な場合しかないと考えます。

子供というのは大人と違って吸収力があるので、この時期に適した方法で英語に触れさせてあげるのが良いですね。

いつから子供に英語を習わせるのが良いか?

子供の第二言語習得について、アメリカのある研究者は6~7歳前がベストだと言っていたり、他の研究者は幼少から思春期の間がベストだと言っていたりします。

どの研究者も共通している結論は、思春期以降の第二言語習得はずっと難しくなるということ。

ここ最近のハーバード大学の研究によると、3~4歳になるまでの時期が子供が最も自然に学ぶ力があって、第二言語習得が最も簡単にできるのがこの時期だとのこと。生れてから3歳までに人間の学習能力が50%形成されるので、いろいろ詰め込むと本人の負担にならないかという心配は全くないとのことです。むしろこの時期は3つも4つもの言語を習得する能力すらあるのです。

就学してから英語を学ばせるのは、もちろん思春期以降に学ばせるよりもずっと良いことですが幼少期よりも時間は掛かります。

英語を学ばせるのは早ければ早いほど良いということですね

逆に言うと、時間と労力が掛かっちゃうけど、いつの時点でも英語を学ぶのに遅過ぎということはありません!

子供の英語教育にお勧めの方法とは

ではどんな方法で子供に英語を学ばせたらいいのでしょうか。以下のステップをお勧めします。

基本を教える

数を数える

日常の中で何でも目の前にあるものを「ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ、シックス、etc」と楽しくカウントしましょう。

もう少し大きな子だったら、数字も大きな数字(100以上)を覚えさせましょう。

物の 色や形を言う

日常の中で目の前にある物の色を英語で言って聞かせましょう。

また、形についてもこんな感じで。
「これは何の形?丸?Circle (サークル)!四角 Square(スクエア)!三角 Triangle (トライアングル)楕円形 Oval(オーボー)!」
と一緒に言ってみましょう。

物の名前を言う

ちょっと大きな子供だったら、身の回りの物の名前を色々と教えて見たり、目にしたときに何気なく言ってあげましょう。

動物、食べ物、乗り物、家の中の物、外の物、顔や体の各部名称、曜日、月、などなどとにかく目に留まったもの何でも! 幼児向け英単語カードなどを本屋やオンラインで探してみるのも手軽で良いかもですね。

英語の歌を聴いたり一緒に歌う

Youtubeで、「英語の歌 子供」とキーワードで検索して出てきた短いビデオを一緒に見て、一緒に歌いましょう! ABCソング、フォニックス、童謡、などがお勧め。

ことばゲームをして遊ぶ

「これなーんだ、What is it?」 と子供に聞いて子供に答えさせる。たとえば指を立てて数字を聞いても良いし、絵本や物を指さして色・形など答えさせても良いし。親が楽しそうにテンションちょっと上げて!

ちょっと大きな子になればちょっとした隙間時間に当てっこゲームをする。カルタを作って遊ぶ。

英語を学ばせようと力を入れるのではなくて、あくまで楽しく遊びで取り入れましょう!

まとめ

どうでしたか?こうしてみると、案外簡単なことから始めていれば良いんだって思いますよね?このように誰でも家庭でできることで子供たちは英語を早期から吸収できるんですね。

私は子供が小学校までは英語は楽しいものだって感じてもらうことこそが大切だと思っています。 本人が幼いときに楽しく英語に触れさせること自体は悪くないよなぁと思って頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください